--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017-05-26(Fri)

SQL Serverにて他のサーバのデータベースをマウントした場合、ユーザーの不一致が起こる

SQL Serverで他のサーバからデータベースファイルをコピーして、マウントした場合、Serverに存在しないユーザがデータベースに表示され、データベースと同一の名前のユーザーでも同一のユーザーとして認識してくれない。

その場合、サーバのデータベースユーザーとデータベース自体に関連付けしてあるユーザの関連付けが必要になる。

1.まず、データベースファイルをコピーしてマウントする。
2.クエリーで次のコマンドを実行し、関連付けがされていないユーザ-を表示させる。

Use データベース
EXEC sp_change_users_login 'Report'

3.データベースで同一の名前のユーザーを作成する。例:sqluser

EXEC sp_change_users_login 'Update_One', '不明なユーザー名', '新環境に存在するユーザー名'
例:EXEC sp_change_users_login 'Update_One', 'sqluser', 'sqluser'

これでOK。
スポンサーサイト
2017-05-26(Fri)

SQL Server Management Studio で Agent XPsが表示されない

SQL Serverのクエリで次のコマンドを実行する。

sp_configure 'show advanced options', 1;
GO
RECONFIGURE;
GO
sp_configure 'Agent XPs', 1;
GO
RECONFIGURE
GO
2017-04-26(Wed)

Windows10で「ライセンス認証サーバーに接続できませんでした」と表示されライセンス認証出来ない。

Windows10を別のHDDや別のマシンへ復元し、ライセンス認証が出来ていないようなのでライセンス認証をしようとするが、「ライセンス認証サーバーに接続できませんでした」と表示され認証出来ない。
インターネット接続を確認するようにもメッセージが出ているが、実際にはインターネット接続はできている。

原因は、例えば、Windows10を復元し、ライセンス認証する前に、Creaters Updateなどを適用した場合にこのようなメッセージが出るようだ。Windows8.1でインストールし認証せずにWindows10にアップグレードした場合も同様だ。
いろいろとアップグレードする前に、ライセンス認証を優先させた方が無難。
2017-04-18(Tue)

ubuntu で キーリングパスワードの入力を出さない

https://www.softel.co.jp/blogs/tech/archives/4635

ユーティリティのパスワードと鍵を開き、Loginのパスワード変更でパスワードを空白のまま保存する。
2017-04-17(Mon)

Ubuntu で iPv6を無効にする

sudo vi /etc/defautl/grub
を開き、

GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="quiet splash"
を次の通り変更する。

GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="ipv6.disable=1 quiet splash"

変更内容を反映し
sudo update-grub
再起動。

広告

カテゴリー
広告
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
広告
広告
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。